女王アリ飼育2観察E繭から子アリが誕生しました

女王アリに魅せられて

トップページ > 女王アリ飼育2観察E繭から子アリが誕生しました




観察E 繭から子アリ誕生







 【7月29日】 ついに!長女が誕生しました!

アリは結婚飛行の時期に向けてのみしか雄アリ(翅アリ)は産まれません。
つまり、しばらくの間は長女、次女・・・と雌しか生まれないのです。

ということで今日の午後、無事に長女が誕生しました。

繭を破く女王アリ

午後、ティアラの様子を見てみると、中が黒くなっている繭を一生懸命かじっていました。
これはきっと生まれるに違いない!
すぐに息子を呼んで、一緒に観察開始しました。


繭を破く女王アリティアラ

時々繭を振り回すようにして、必死に繭を破こうとしています。


アリを誕生させる女王アリ

繭って意外と頑丈みたい・・・。
引きちぎるように引っ張っているのが良く分かります。


繭の中のアリが見えてきました

繭の中の長女が見えてきました〜


アリの誕生

繭の中から出てきても、長女は全く動きません。
どうやらまだ体には膜が付いているようで、ティアラが丁寧に取り除いています。


子供の膜を取り除く女王アリ

足にも一本一本膜があるようです。

子供が誕生したということで、一応用意しておいたエサを置いてみました。
ホームセンターで買ったクワガタ&カブトムシ用のゼリーです。
少量をペットボトルのキャップに入れて、残りは冷凍保存してみましたが、冷凍保存できるものなのか(冷凍保存したものを与えて良いのか)は不明です。

原材料は、ブドウ糖果糖液糖、リンゴ果汁、黒糖蜜、ゲル化剤、トレハロース、乳酸カルシウム、クエン酸、アミノ酸、香料と書いてあります。

食べてくれるのか心配でしたが、置いて少しして見に行ったら、ティアラが黙々と食べている様で、長時間その場を離れませんでした。
とりあえず食べるようなので安心しました。
働きアリ誕生までエサは要らないといえども、今まで外からの栄養をとっていないんだもの・・・きっと美味しかったんでしょうね。


エサを食べる女王アリ

キャップの深さが微妙で、ティアちゃんは疲れそうな体勢でした。


女王アリと働く子アリ 長女

先ほど誕生したばかりの長女、もう次女誕生のお手伝いをしている様子・・・凄い!
しばらく見ていたのですが、お手伝いをしたりその場を離れたりして数時間が経ち、見ている間に誕生することはありませんでした。
(もう見えているのにね)

とにかく、第一号の誕生を見逃さずに済んで良かったです。
最初の産卵から39日目にして長女が誕生しました。



 【7月30日】 わぉ! 4女まで!

朝起きて確認すると、子供は一気に四匹になっていました。

女王アリと子供たち

親子で顔を近づけて何かやっています。


女王アリから栄養をもらう? 子アリ

きっと女王ママから栄養をもらっているのでしょうね。
昨日投入したゼリーもみんな気に入ってくれたようで、頻繁に個々に食べています。

しかし本能って凄いですね。
みんなで繭を移動したり、言葉が通じ合っているかの様に一致団結しています。
生まれてすぐ働きアリらしい行動をしているので思わず感心・・・。
息子も見るたび、凄い!凄い!とパチパチ写真を撮っています。



 【8月1日】 5女誕生ということで…!

女王アリと5匹の働きアリ

5女が誕生したので、そろそろいいかな〜と・・・

引越しにチャレンジしてみようと思います。

ティアちゃんの育児室はどこにも穴をあけておかなかったので失敗なのですが、新居と繋いで挑戦してみることにします。

引越し先の新居製作についてはこちらからどうぞ





矢印 前の観察ページに戻る 次の観察ページに進む 矢印


このページの上に戻る



トップページ > 女王アリ飼育2観察E繭から子アリが誕生しました




このサイトのイラストおよび写真を含む内容は、管理人の許可無く無断で使用することを禁止します。

Copyright(C)女王アリに魅せられて All Rights Reserved.