女王アリ飼育2観察B卵のお世話

女王アリに魅せられて

トップページ > 女王アリ飼育2観察B卵のお世話




観察B 卵のお世話



ティアちゃんの産卵



 【6月27日】 新鮮なお水をあげたら・・・

まだスポンジが湿っている感はあったのですが、そろそろ新鮮な水を…と思い、シリンジで給水しようとしたのですが、やっぱりスポンジもすすいだ方がいいかと思ってスポンジごと取り出しました。

さすがのティアちゃんもちょっとビックリしたようで、触角を上げてオドオド。
卵の場所を離れてさっきまでスポンジが置いてあった場所をウロウロしていました。

新鮮なお水を含ませたスポンジを入れようとするも、スポンジがあった場所から長時間離れないので仕方なく別の場所に置きました。

するとすぐに水を飲みにやってきました。

女王アリ 水を飲む

考えてみたら、私は今まで毎回水道水をそのまま使っていました。
きっと汲み置きした水の方が良いですよね…

前回、幼虫の先まで育たなかった原因と水道水が関係していたらどうしよう!?

次回からは、汲み置き水を使ってみようと思います。

女王アリ 正面

ティアちゃんの正面。
顔が薄っぺらい!でもアゴはガッシリ!
これが母の顔なのですね。



 【7月1日】 ティアちゃんちょっと落ち着かない!?

女王アリ ケース内を移動する

スポンジを出し入れしてから、ティアちゃんがやたらと卵置き場を変えています。

ピンクの丸印の場所が主な移動場所なのですが、スポンジの位置を変えたのがまずかったのでしょうか。

この形だとどこに置いても向きを変えれば一緒だし…と軽い考えでしたが、それほど目が良くないであろうアリにとっては大変なこどなのでしょうか?

これからは少し気をつけたいと思います。

卵のお世話をする女王アリ

卵の数はそろそろ落ち着いたかの様にも見えます。

スポンジの近くに引っ越すティアラ

またまたスポンジの近くにお引っ越ししています。


この後数日間、ティアちゃんは卵を移動したり、卵の山を崩してはまた積んだりと繰り返していました。

卵の中心部の色がだんだん濃く黄色っぽくなってきたので幼虫になる日も近いかも知れません。






矢印 前の観察ページに戻る 次の観察ページに進む 矢印


このページの上に戻る



トップページ > 女王アリ飼育2観察B卵のお世話




このサイトのイラストおよび写真を含む内容は、管理人の許可無く無断で使用することを禁止します。

Copyright(C)女王アリに魅せられて All Rights Reserved.