女王アリ観察E 初めての冬越しとその後

女王アリに魅せられて

トップページ > 観察E初めての冬越し




観察E 女王アリ初めての冬越しとその後



女王アリと雪だるま


 【3月12日】 女王アリのティアラが無事にお引っ越ししました

女王アリとスポンジ 女王アリ正面

乾燥を防ぐための水を含ませたスポンジによじ登ったりしています。

スポンジの上の女王アリ 

小部屋に入った女王アリ 小部屋に入った女王アリ

ケースの中の2つある小部屋の1つを気に入ったのか、よく出入りしています。
まだまだ寒いですがこのまま初夏を迎えられると良いな〜



 【4月13日】 冬越え後初めての産卵

冬越し後の産卵 卵を運ぶ女王アリ

気付いたら2つ卵を産んでいました。
先月あたりからスポンジをよくちぎっていたので、もしかしたら産卵する合図かな?なんて思っていたのですが。
このところ暖かい日が増えてきたけどまだ結婚飛行の時期ではないので産むとは思っていませんでした。

栄養が足りているのか心配です。
少しでも綺麗な写真を撮ろうと色々動かしたら、ティアラは焦って卵を運ぼうとしました(写真:右)



 【7月初め】 ティアラとのサヨナラ・・・

ティアラは次々に卵を産んだものの、ある程度卵が大きくなると自分で食べてしまうようになりました。

アリの掲示板で相談したところ、ティアラの栄養不足が考えられるとの回答。

アドバイス通り、タンパク質を含む鰹節やメイプルシロップなどを与えましたが食べていない様子でした。

このままではティアラの命が危ないのではと心配になり、色々考えた結果、外に放してあげる事にしました。

働きアリが生まれるのを観察できなかったことがかなり残念ですが、もし死んでしまったら…
この繁殖に適した季節に逃がすことが最善だと判断しました。

7月の初め、ティアラを見つけた日の気候と似ている日、クロオオアリが生息出来るような環境の場所(コンクリートと土がある公園スなど)に放すことに決めました。

ティアラを実際に離した場所は、ある学校の裏。
息子と一緒に行きました。
十分な草木もあり、コンクリートもあり環境としては大丈夫だと思います。

ティアラを放した場所から少し離れた場所にはクロヤマアリのコロニーがいくつかあります。
この点もティアラを見つけた場所と似ています。
本当は同じ場所に離したかったのですが、引っ越してしまって遠くなったので近くで似ている環境を探しました。

女王アリを逃がす 

「捕まえてごめんね、ちゃんとコロニーを築くんだよ、元気でね。」とコンクリート近くの土の上に放すと、すぐにこっちに戻ってきてしまいました。

女王アリとコンクリート

私が離れようとすると追いかけてくる!?

息子も「こっちに来ちゃうね」と。

ティアラ・・・。

惜しむように!?なかなかその場を去ってくれません。

女王アリとコンクリート

ついて来ちゃ駄目だよ。
鳥に食べられないように気をつけてね。
そう言うと渋々Uターンしようとするティアラ!?

女王アリと枯れ葉

なんとかこっち側の道路には出ず、歩き進んで行ってくれました。
ちゃんと生きてくれることを祈ります。

大きなコロニーを築いてね!!
今まで本当にありがとう!ティアラ!

ティアラとお別れした次の日、大雨が降ったのでとても心配でした。

今度こそ、今度はアントクアリウムを使用せずチャレンジしたいです!!




矢印 前の観察ページに戻る


このページの上に戻る


トップページ > 観察E初めての冬越し





このサイトのイラストおよび写真を含む内容は、管理人の許可無く無断で使用することを禁止します。

Copyright(C)女王アリに魅せられて All Rights Reserved.